むち打ち症

むち打ち症

車を運転中に後ろの車に追突されたなど、むちうちは交通事故の被害にあった時によくみられる症状です。

むちうちとは、体が前に押し出されて頭だけが残ってしまい、首の筋肉や靭帯、関節などを痛めてしまい、首や背中、肩などに痛みが持続するものをさします。

その他に耳鳴りや頭痛、めまい、吐き気などの症状が現れることもあります。

一般的な治療方法は安静にすることですが、急性的な痛みが治った後にも症状が残ることがあります。

これがむちうちの後遺症なのです。

関連記事

  1. 坐骨神経痛による片足のみ痛いという症状

  2. 頚椎捻挫とは?

  3. エコノミー症候群の予防

  4. 肩こりについて

  5. 冷え性にアプローチするためのお灸治療

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。