坐骨神経痛による片足のみ痛いという症状

坐骨神経痛による片足のみ痛いという症状

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されることにより引き起こされる、腰部や足などに痛みを伴う症状のこと指します。

椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症などに由来し、発症するケースが多いと言われています。

その坐骨神経痛において、片足のみ痛いという症状が現れる場合もあります。

これは骨盤の歪みや体のバランスの乱れなどにより、片方の側の坐骨神経のみ圧迫される場合に起こるようで、日頃から正しい姿勢を保つように心がけることで少しは予防につながることでしょう。

関連記事

  1. 肩こりについて

  2. むち打ち症

  3. エコノミー症候群の予防

  4. 冷え性にアプローチするためのお灸治療

  5. 頚椎捻挫とは?

  6. 腰だけ治療を施してもらっても、なかなか改善しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。