不眠症と鍼治療

不眠症と鍼治療

不眠症と鍼治療

コラム

不眠の原因は主にストレスによる身体の緊張状態が続く事で起こります

仮に眠りについても直ぐに目を覚まし朝まで熟睡した状態が続かず疲れを起します。

それに関係するのが自律神経であり交感神経と副交感神経のバランスが大事になっていきます。

特に交感神経が優位になっていると、身体が興奮しており深い眠りにつく事ができません。

鍼治療は身体をリラックスさせる効果があるため、副交感神経を優位にする事ができます。

血流改善にも繋がり冷え性対策にも効果を発揮するので更に良眠へと導きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。