エコノミー症候群の予防

エコノミー症候群の予防

エコノミー症候群の予防にはストレッチが有効です。

長時間座りっぱなしなど同じ姿勢をとり続けていると発症してしまうエコノミー症候群。

これは下半身が圧迫されたことで静脈の血行が悪くなり血栓ができ発症する病気で、日常のデスクワークなどでも起こりうる危険があります。

エコノミー症候群の予防にはストレッチが有効といわれており、普段から脚を動かす筋肉を鍛えることで血流を良くし、リンパの流れも整えられ心臓に血液をおくるポンプの効果も高まります。

日頃から意識して行えばより大きな効果が望めます。

関連記事

  1. 半月板損傷とは

  2. 冷え性にアプローチするためのお灸治療

  3. 顎関節症から来る様々な症状

  4. 坐骨神経痛による片足のみ痛いという症状

  5. 頚椎捻挫とは?

  6. むち打ち症

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。