顎関節症から来る様々な症状

顎関節症から来る様々な症状

顎関節症は、噛み合わせに違和感が出てくる症状があります。

原因は顎の軟骨がずれてしまったり、関節が変形してしまった可能性が考えられます。

噛み合わせに違和感を感じていると、食べ物をどこで噛んだらいいのかわからなくなったり、口が完全に閉じなくなってしまったりといったことすることがあります。

さらに顎関節症による噛み合わせが悪い症状が続くと、身体のバランスも崩れてしまい頭痛や肩こり、腰痛など全身に不調をきたす可能性が出てくる場合があります。

関連記事

  1. エコノミー症候群の予防

  2. 冷え性にアプローチするためのお灸治療

  3. むち打ち症

  4. 肩こりについて

  5. 坐骨神経痛による片足のみ痛いという症状

  6. 頚椎捻挫とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。