野球のスポーツ障害の背中痛とは?

野球のスポーツ障害の背中痛とは?

野球選手のスポーツ障害でも、投手によく発症するのが背中痛のようです。

投球動作の時、バックスイングをする際に背骨や肋骨に痛みや違和感を感じるようです。

バッターボックスに入った場合はスイング動作にも大きな影響を与えてしまうようです。

原因は様々ですが、整体などの施術ではまず下半身の筋肉に注目することが多いようです。

大・小腸腰筋、腸骨筋、梨状筋、中臀筋、膝窩筋などを順番にチェックして症状を見ていくようです。

スポーツ障害整体

関連記事

  1. 座る時間が長いと腰痛は発生しやすい?

  2. 腰だけ治療を施してもらっても、なかなか改善しない

  3. 慢性的な腰痛

    慢性的な腰痛

  4. 冷え性にアプローチするためのお灸治療

  5. 肩こりについて

  6. 不眠症と鍼治療

    不眠症と鍼治療

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。